スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Funny Valentine

さて、
せっかくバレンタインだしバレンタインにちなんだ生地を。記事を。

あれは小学5年生、授業中に「いかに、面白いことを言ってのけるか」
を常に模索しながら神経をすり減らしていた頃のこと。(うそだけどほんと)
デッキブラシ・マサという異名をとる男子がいました。
髪型が角刈りだったのでデッキブラシ。
この子がとても、とても面白いギャグを繰り出してくるんだよねいつも。
私もけっこう負けてなかったけど!!

このマサを嫉妬と羨望の入り混じった目で眺めるうち、それはいつしか恋心に…。
そしてやってきたバレンタイン。
(デッキブラシ・マサに…この胸の内を、チョコに託して…!)
と大いに盛り上がり、チョコ用意してマサの家周辺をウロウロ
ウロウロ ウロウロしたあげく、やっぱ無理はずかしいしダメダメ!
で帰宅してその日のおやつにしました。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

良いネーミングですねー、

『デッキブラシ・マサ』。
とても小学生のセンスとは思えない^^ナイス。

自分が小学生の頃には、
バレンタイン用のチョコなんて『不二家のハートチョコ』しか無かったなぁ。。。
ピーナッツ入ってて好きだったんだけど(笑

今ならたぶん、探せば『デッキブラシ型チョコ』もあると思う◎

おぉぉ

そんなかわいい女子だったんですね!
昨日もどこかでそんな思いをしてる女子がいたんだろうなぁ。
最近食べてないけど、LOOKチョコが食べたくなってきた。

ふふん

そうさ!私にだって乙女だった頃は、ある。あった。

もいっちょバレンタインネタ。
我が父は当時、子ども相手の仕事をしてたので、
バレンタインデーには紙袋にゴッソリとチョコもらってきてたの。
一人っ子のわたし独り占め狂喜乱舞。
…が、これが年と共に数が減っていってねぇ…。
子どもは正直。より若い男性の方にチョコが移っていったんだろーね。
栄枯盛衰の歴史。
そんな話じゃないか。

金魚主さま

なんかコメント間違えまくり。
一個前のは焼鳥居酒屋さま宛て。

うん、誰が言い出したのか覚えてないんだけど上手いよねぇ。
してみると笑レベルの高いクラスだったな~山口先生も面白かったし。
私は一番うしろの端っこの席で、壁に机を付けて「ぷっすん、ぷっすん」
と言いながら机を押していた。
プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。