スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まえ住んでた家

matoryosika.jpg

子どもの頃、誰かにもらったマトリョーシカ

前述のとおり引っ越しが多く、そしておもしろ物件が大好き。
そんなある日のこと。散歩に出た夫が
「部屋貸します貼ってあった。元床屋だよ」
お~~~!マジっすか。
「いつかは元床屋に住みたいね(はーと)」
と常日頃、夢を温めていた夫婦でしたので、一も二もなく速攻TEL。

内覧したら、割と広くて5席ぐらい。
椅子は撤去されてるけど鏡はそのまま、シャンプー台もあっておもしろ二重丸。
2階はうって変って純和風、窓が丸っこくてレトロかわいい。
今はサラ地になっちゃったけど、なかなかのシロモノでした。

もういっちょ。
一人暮らしの頃「昭光荘」2階に住んでました。
名前のイメージ通り、木造2階建て古すぎるアパート。
でも立地がとても良かったのと、私はそもそも木枠の窓が好きなんで、
家賃も安いし良い良い♪と住んでました。

もともと風呂ナシだった部屋へ、ねじ込むように
「カプセル型シャワー室」みたいのが置かれ、
「大変スペイシーなこれは宇宙まで行けそうだね」
と言われたものでした。

まあ難点を言えば、木造ゆえ音ひびく。てか丸聞こえ。
1階の人に「今っ!音楽かけてますよねっ!?」
とドンドンされ怒られたものです。若い女の子だったけど。
今は建て直され、とってもきれいなマンションになっています。

歴史~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大騒ぎ

したな。あのアパートで。
したら、下から「カンカン」階段のぼる音。
顔もきっとカンカンだ。
「どぉゆうつもりだうるせーぞばかやろうぶっころしてやる!でてこいばかやろうがぁ」
ドアノブ必死で抑えて謝り倒したのは僕だったが…あれ誰?
すげー力で引っ張られてマジで死を覚悟した。
特に二回目は。
あ、それから床屋。 鏡張りの床屋で飲むのはむちゃくちゃシュールだったわ(笑) 次はどこ引っ越すの?

こんど

是非住まいのおもしろ哀しい遍歴を聞かせてください。楽しみにしています。

今の住まいも好きですよ。内海あたりの旅館に来たみたいで気分はお得感満載です(笑顔)。名物ママは居るし・・・(笑)。
先日はお邪魔しました。自宅よりもぐっすり寝れました。何でだろう???
とみこママ曰く
「しがらみが無いから・・・」
さすがママ!勉強になります。はい。

なんかこぉ、

『2001年府中の旅』、みたいなスペイシー感?
もしくは、『ユージュアル・サスペクツ』的な(ケビン)スペイシー感?
モスクワ、   。

焼酎力さま

あ~、鍋ね。その節はどうも…。
部屋オーナーである私は飲みつぶれて熟睡中でしたね、

オトロシイ彼女に刺されなくてよかったわ~。
いつも「いちいちうるさいなー」と思ってたけど、
たぶん顔にも出てたけど、
今考えるとあれは尋常ではない騒音だったろう。
てへっ

華丸さま

飲み物・つまみオール持ち込み、
忘れてった夜食はもれなく食われる。

Do it yourselfの精神が生きる
もてなし知らずの宿、
そんな神田旅館にぜひまた来てね~

金魚主さま

モスクワ、    いつか行ってみたいんです。
シベリア鉄道で大陸を横断したい。
それが無理なら、せめてハバロフスクやウラジオストックに。

…でもロシア旅行ってビザとかいろいろ大変らしくって。
ほいっと行けないんだよなあ。本当に見たいんだけどね。
名古屋駅の「ロゴスキー」で我慢するしかないのか…。
プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。