スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春特大号in台南(台湾)その1

どどーんどん!!じゃあいってみましょー

フライトの都合で、大阪前泊。
doutoubori.jpg

台南の滞在先(ホステル)
cityhut.jpg

の中庭
garden.jpg

夜は光ります
gardennight.jpg


キッチン(共用)
kitchen.jpg

外から見たうちの部屋
outside.jpg

プロジェクターで壁に映像写してた(うちの部屋からよく見える)
movie.jpg

部屋の中がないのは、写真とる隙もなくあっ!という間に私物化(グダグダ)になっちゃったから。
2段ベッド+シングルベッドで、窓が大きくて素敵なお部屋でしたよん。

この建物、なんでも50年ほど前にアメリカ軍が建てたそうなんです。
なので中華+西洋な折衷で、そんでアンティーク風味で、なんともgoodな空間なんですね~。
オーナーに「建物の歴史」みたいなアルバム見せてもらったんですが、
しばらくほったらかしで廃墟化ボロボロだったところをリノベーションしたようです。
うん、いい試みです。

特筆すべきはオーナーのジャスミン、台湾の人。英語堪能+日本語ちょっと。
本人はアーティストではないそうですが、芸術理解者かつ応援者という感じの人で。
とっても良い人で、おかげさまで台南のアート・シーン(そういうのあるのも知らなんだ)
を垣間見る事ができて、すごく面白い旅になりました。
あ、ちなみにトリエンナーレで伏見地下街に青い立体的な絵を描いた人は台南出身。
やはり「超有名人」らしいです現地では。

その辺はまた書くとして、ホステル宿泊で会ったオモシロ人たちをご紹介!

オーストラリア人のDavid、なんと高知に4年ほど住んでいたそうです。
今度は台南に移り住むんだそうで、新しいアパートの準備ができるまで、短期間ホステル住まいとの事。
日本についで台南、「あなたはアジア好きですなあ」とコメントしたら
「うん、僕の前世は女性で京都に居たと思うんだ。とても懐かしくて…、初めての気がしなかった」
! おおっ、なんと。そっかー、そうかも知れないよね。そんな場所は私にもあるなあ。

三重から来た兄弟、なんでも兄の方が台湾好きすぎて住みたいほどで、弟を誘ったと。
したら「でも俺、金ねーし」「なら兄が飛行機代出してやるよ」
! なんとっ、素晴らしい兄弟愛。やさしいお兄ちゃん持って幸せだねぇ~。

…さて次回は町に出てみましょうかね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

台湾

ええですね。姐さん大好きそうじゃないですか(笑)
写真だからかおもちゃみたいだな。(携帯だからかっ(゜∇゜)
だからかしらんけど、オーストラリア人をサンダーバードチックに脳内再生してる。
友人のmiki-Tさんが台湾大好きでどえらい詳しくて、ジャッキー「チュン」の熱烈ファンだとか。
それからね。只今のアジアンアートシーンは台湾ですよ。
アツいらしいっす。月庭大将は日帰りでアート観にいくらしいよ。
にしても良い年越しでうらやましいわ。
久々コメントでした。

へ~っ!!

そうなんだ、てか日帰りかっ!弾丸だねー(・_・;)
「チュン」さんは残念ながら存じないのですが、
そっかー、台湾はアツいんだね。
しかし本当に暑くて、汗たらしてかき氷食べてたのよ~。
・・・くわしくは次号だっ

中庭にあるもの

宇宙船?
ゴンタくんの頭?
ただ光るだけの物体?

よーわからんけど、『ラマン』の舞台的な温度と湿度を感じた^^

金魚主さま

うん、アレね、最初は「何何?中はどーなっている??」
て聞こうと思ってたんだけど、毎日見てたら
「アレはアレで、あそこにある物なんだな」
て気がしてきて、聞かずに終わったの。

「超デカい猫が一匹入ってる」
(夜になるとどこからともなくアオーン!猫の鳴き声がしたので)
「オーナーを怒らせると入れられて二度と出られない」
「機が熟すとキシャーン!ガショーン!と立ち上がってどっか行く」

…妄想が膨らむので、たぶん妄想膨らませマシーンなんじゃないかな。

プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。