スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッと驚く

子どもの頃なにげなく耳にしていた歌、大人になって改めて聞くと
「エッこれってそういう歌詞だったの!?」という事があります。
例えば山本リンダ「狙いうち」

リンダのビジュアルは幼心にもショッキングで、
「へそ出しルック」のリンダの絵をよく描いていたものです。
そんで狙いうち。
ウララ~ウララ~まあ恋愛的な歌だろなというおぼろげなイメージでしたが、
これ、狙ってるのは玉の輿、だったんですね!!
わりと最近知りました。

世界一の男だけ この手にふれてもかまわない…
おんなひとり取るために いくさしてもいいじゃない…
かざり立てた王宮で かしずく男を見ていたい…

うむ、むしろ清々しい。
当時のリンダには、こんな歌詞を歌っても納得させちゃう
魅力があったのでしょうなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

昔の

歌謡曲ってとにかく歌詞はすげーですな。
アツいアツい。
命がけだし、君のためなら死んでもいいし、傷だらけだし…まぁ中には焼死してもいいぜってくらいの歌ばっかりだもんな。
デビューから3年のヒデキはやりすぎ(笑)

焼酎力さま

ヒデキィ~!!

もとはと言えば、NHKラジオで「阿久悠特集」やってたもんでね、
こんな流れに。
で、ヒデキの「ジャガー」これすごいまじビックリ。
途中で語りが入るんで、そこだけでも抜粋でどうぞ。

「君が死んだら俺は死ぬ
でも俺が死んでも君は死ぬな
君一人でも愛は生きるでも俺一人では愛は死ぬ
しゃべるな何もいうな目を見ろ何が見えた炎が見えたか
君を愛する炎が見えたか
さあ飛んで来い抱いてやる抱いてやる」

2度目の「抱いてやる」はもちろん絶叫で。
ヒデキィ~!!

ていうか阿久悠…ヽ(^o^)丿
プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。