スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとこと

でも書く習慣を付けないともうこれ書かなくなるな。
というわけで一言。

プッ、プッ、プッ…
(あ~もう鳴ってるもう朝だ)

サン子は畳み一畳ほどもある重い頭を枕から物憂げに持ち上げつつ、
3メートル先にあるアラームのスイッチを人差し指でついと止めた。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

イメージ

とみーさん家の目覚まし時計は、
『カリフォルニアの青い空をバックに、
 爽やかさしか取り柄が無いデビュー当時の早見優が
 得意の英語でまくしたてるようなアラーム音』
のイメージです。

「プッ、プッ、プッ…」とか、、、守りに入っちゃダメっ!(笑

No title

気付くと2回目のアラームが鳴っている。
比喩では無くほんとに重い頭がいつの間にか枕に乗っていた。
最初のアラームでは起きられ無かった。

最近の目覚まし時計はランダムな曲と、歌手の立体映像が出てきて楽しくしてくれる。
今朝の曲は、
(続く)

【続き】

今朝の曲は、 『モーツァルトの子守唄』。
「ちょっ!wwおまっ!www」とウケる間も無く
気絶するように眠りに落ちた。

「ぬぅ〜れた肌 近づく美少年ん〜♪」
気がつくと、
石井明美が歌う『ランバダ・日本語版』が流れていた【続く】

つづき

ランバダのラテンなリズムに思わずムズムズして
ニヤニヤにやけ顔のまま目を開けると、
目の前には般若顔で仁王立ちの妻が。
の横にはミニスカートをヒラヒラさせながら挑発的なダンスを踊る、
南米のピチピチ若い娘。の立体映像。

「これどういう事なのサン子君!?」
まずい…非常にまずい状況だ。
なぜなら妻はマリアナ海溝よりも嫉妬が深いのだ。
「あ、や、こんな曲入れた覚えないけどな…寝ぼけてたのかな」
あわててスイッチを切るとピチピチ若い娘も消え失せた。
そこには耐え難い喪失感と重苦しい現実のみが待ち受けていた。
さて会社いくか。

プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。