スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあ改訂版妄想日記

皆様の機長な貴重なご意見を元に、ニュー・妄想日記。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「昨日もそう思った…」
どこかで聞いたようなフレーズだな、と思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃあ、次。


スポンサーサイト

つづきのようなもの

でね、「山本リンダは、無事玉の輿に乗ったのだろうか?」
気になって検索。ウィキによると…

(抜粋)
父親がアメリカ人で母親が日本人。
軍人であった父は山本が1歳の頃に朝鮮戦争で戦死、
女手一つで育てられ、家庭は非常に貧しかった。
ハーフという事で学校ではいじめられ、近所の大人たちからも白眼視されていた。
そんな中、母に楽をさせたいと思い、モデルのオーディションに応募する。

…ああ、この人はつらい幼少期を送ったのね…
この環境を考えると、「乗ってみせるわ玉の輿」が
至極まっとうな欲求と思えてくる。

で、

2001年、7歳年上の大学教授・稲葉光彦と5月3日に入籍結婚(初婚)。

だそうです。
リンダの夢は叶った…のかなお幸せに。

エッと驚く

子どもの頃なにげなく耳にしていた歌、大人になって改めて聞くと
「エッこれってそういう歌詞だったの!?」という事があります。
例えば山本リンダ「狙いうち」

リンダのビジュアルは幼心にもショッキングで、
「へそ出しルック」のリンダの絵をよく描いていたものです。
そんで狙いうち。
ウララ~ウララ~まあ恋愛的な歌だろなというおぼろげなイメージでしたが、
これ、狙ってるのは玉の輿、だったんですね!!
わりと最近知りました。

世界一の男だけ この手にふれてもかまわない…
おんなひとり取るために いくさしてもいいじゃない…
かざり立てた王宮で かしずく男を見ていたい…

うむ、むしろ清々しい。
当時のリンダには、こんな歌詞を歌っても納得させちゃう
魅力があったのでしょうなあ。

円頓寺まわりの写真

榊いらんかね~国産だよっ
sakakineko.jpg

デッドストック(になっちゃった)子供服、状態はかなりいい。
endoujikodomofuku.jpg


下町商店街のお好み焼屋さん、イイネ!
okonomiyaki2.jpg

okonomiyaki3.jpg

ぼくドラえもん
doraemon.jpg

キティーもお忘れなく
kitty.jpg

榊もあるでよ
sakakineko2.jpg





プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。