スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあ妄想小説

写真的な物が続いたので、はい小説。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝目覚めると、腕に2つの見慣れない丸い嚙み跡。
(ちっ、虫に刺されたなかゆい…)
コルサコエフスキーは少しいらつきながら腕をさすり、
いつも通り仕事前の支度にとりかかった。
シャワーを浴びる、タオルをとる、
ふと見れば先ほどより大きくふくれ上がっている虫刺され。
「なんだよこれ…気持ち悪いな」
ごしごしと荒く拭き、シャツに腕を通す。

会社についたが腕がまだやけに気になる。
「おはようございます、課長」
庶務課のマドンナが、甘い匂いを漂わせながら目の前で微笑んでいる。


はい、次。
スポンサーサイト

小出し

うちの天井の一部
tenjyo.jpg

うちのカーテンの一部
curtain.jpg

子どものクマの一部
kuma.jpg

…え?「小出しの意味が違う」?
(・。・)

カメラ買ったんだよ

(26日夜にアップしたらサイズ間違えて横がぜ=んぶ切れてたので、
翌朝貼り直しました)

まず中村公園の太閤祭り。毎度おなじみ太閤連の阿波踊り♪
taikouren.jpg


taikouren3.jpg

中村公園と言えば大門、大門と言えば(旧)遊郭。
yukaku.jpg

yukaku2.jpg

そんで昭和。ラブユー昭和。
fujinfuku.jpg

fujinfuku2.jpg

manequin2.jpg

新栄あたりの公園、場所柄ね…。
yakanheisa.jpg

哀愁。
sushiya.jpg

おや、ハワイですか?
banana.jpg

中区の民家のお庭でした。トロピカル~
banana2.jpg

理容店
riyou.jpg

きわめてアジアな風味のマンション
imaikeasia2.jpg

やめられないとまらない

毎度おなじみ、強制連行&コメント恐喝連載小説です。
PC・携帯が不調な方も、メールorはがきor伝書鳩を新沼謙治に借りるなりして、
どしどしご参加お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・
きのう見た夢の話でもしようか。
私は1人、どこか懐かしい風景の中にいた。
見渡す限り田んぼが広がり、周りは山で囲まれている。
頭上でジジッと鳴いたので(セミか、もう夏だな)と思い横の木を見上げると、
そこには大きなクワガタに挟まれたセミの姿があった。
(クワガタはセミを襲うのか!?)やや驚きつつもそういう物かと眺めていたら、
突然大きな口をあんぐりと開けて、クワガタがセミの頭に喰らいついた。
と中から、鮮やかなペパーミントグリーンの何かがどろりと流れ落ち、
それをさも美味そうにしゃぶりだすクワガタ。

・・・・・・・・・・・・・・
はい次~

ひとこと

でも書く習慣を付けないともうこれ書かなくなるな。
というわけで一言。

プッ、プッ、プッ…
(あ~もう鳴ってるもう朝だ)

サン子は畳み一畳ほどもある重い頭を枕から物憂げに持ち上げつつ、
3メートル先にあるアラームのスイッチを人差し指でついと止めた。



弁当でいっぱい

4月から毎日、弁当を2つ作っています。家族用です。
そんで今、弁当のことで頭がいっぱいなのです。
図書館に行っても弁当の本ばかり借りてしまいます。
ブック・オフでも料理コーナーに直行です。

そして本を眺めて「ふむふむ、なるほど」して、
そこまでで割と満足して、今日もまた変わり映えのしない弁当を作るのでした。


鏡よ鏡…

娘が、いわゆる色気づいてきて、鏡をシゲシゲと見ては思うところがあるようで。
まあ要するに、中二病の初期症状なわけで。

というわけでね、じゃあ小説ゴッコ第二弾、いきますよ。
どなた様もふるってご参加いただけたらと。
一言書き逃げもありですよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鏡よ鏡…なんてね」
今日も昨日と同じ朝、明日も今日と同じ朝。
そんな事は百も承知、百戦錬磨のただ子であったが、
それでもどこかで、どうしても捨てきれない。
「夢・希望」まるでおとぎ話のような。
しりあがり寿のような。それともミラーマン、
はたまた嘉門たつお、の漢字がわからない。
それでもただ子は、まるでいたずらっ子のような笑みを浮かべながら鏡を見る。
ありえない程の忠則、それでもなおムンクを、ほんのちょっとだけ期待しながら…
「キッス イン ブルーヘブン…は聖子ちゃん」

・・・・・・・・・・・・はい、次の方。



祝日の味

明日から4連休だっ!!
いいねぇ~。

自分が好きな事を仕事にできてるていう、極めてラッキー度が高い日々を送る私ですが、
まあそれなりに緊張度も高くて、普通に疲弊もあり。
だからこういうまとめての休みはほんと嬉しいんだよねー
ネジを緩める感じでね。

あのー、もしちょっと同じぐらいヒマな人がいたら、小説ゴッコどうですか?
私の書き出しの続きを、コメント欄に書いてもらうと面白い気がするんですがダメでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

偶然手にした封筒の中を見た真一は、思わず身震いをした。
「これは…、まさかこれが…?」
幻覚な厳格な祖父母の元で育った真一にとって、このような感情が沸き起こることは、
それは仕方のないことであった。
その時、急に音が大きくなった(ような気が、真一にはした)テレビについ目をやると、
そこには江頭2:50の黒タイツ姿が、いつも通りの不安定さをもって映し出されていた。
・・・・・・・・

はい、次の方よろしく~ヽ(^o^)丿

ウハウハ

バーベキューでもやるかー!?ってんで、
木炭発注したんですよね、オンラインショップで。
1キロのお試しサイズ。十分だよねーって。

…したらさ、今日、15キロ届いたの。
15キロ。段ボールいっぱいの木炭。

「!?」って、お店に連絡しましたよねさすがに。
したらやはり向こうのミスだったらしく、「よかったら使ってください…」
Wow イッキに木炭長者! 焼いて焼いて焼きまくれ~~~ Paint it Black ! 

プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。