スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなのに好きなのに(園まり) 

子どもが小さいうちはいいですが。
いろいろ理解できるようになると、
いろいろ隠さなきゃいけない物が増えますね。

さらに行動範囲(探索範囲)を広げられると、
手放した方がいい物まで出てきます。

私の場合は「丸尾末広」「家畜人ヤプー」「時計仕掛けのオレンジ」
「山野一(廃棄)」「危ない1号(廃棄)」「ドグラマグラ」等があります。
山田花子は…、びみょうだけど本棚にあります。花輪和一、しりあがり寿はオッケーラインです。

このように、私は大変よいお母さんなのですが、
うちの親がユルかった。
ガロやBOMB!(パンツの穴が載ってた頃)がごろごろ、
おかげでこんな人間になってしまった。
と親のせいにしてみる今日この頃。
みなさまの家のあんな物やこんな物にも
十分にお気を付け下さいませ。


スポンサーサイト

夏といえば、

花火 枝豆 生ビール 
そして「怖い話」・・・
昔から、超恐がりのくせにホラーが好きで。
小学生の頃は心霊写真集が
世の中的にも大ブームで。
よく本屋で立ち読みしたもんです。
(家にあると怖いから買いません)

で、思うんですが。
当時は変な場所に顔があったり、
あるべきはずの手がなかったりすると
「ぎゃ~!」
でしたが、今やPCソフトやら何やらで、
かなり精巧なトリック写真が誰でも簡単に作れちゃいます。
だから「あ~、上手に作ったな」としか思えなくて。

ファイトォー!いっぱーつ!
も、本当にやってるんでしょうが、
「CGかなー」と疑ってしまう。

3DやフルCGの映画、確かにスッゴイナーですが、
円谷プロなのも面白いんですよね。

つのだ家

なんとなく「休みの国」を検索してみたら
つのだ☆ひろの名前。
へー!メンバーだったんだね。
知らんかった。

つのだ☆ひろと言えば、
月曜夕方のNHK FMで昭和歌謡のDJしてて、
これがなかなか楽しい選曲なんです。
たまに聞いてます。

そしてもちろん、つのだじろうの兄弟でもありますよね。
恐怖新聞を読んでしばらく、夜寝るのが怖くて怖くて…。
当時は2間しかない栄和コーポに親子3人暮らしだったので、
当然川の字で横に親いるんですが。
でも怖くて怖くて。

ひろとじろうを出した家、どんな家?
とっても気になるのです。

ナンシーと成績

終わったーーー!
ラジオ体操が。今日で。
もう5時50分に起きなくていいかと思うと
うれしくてうれしくて、
朝っぱらからブログ更新。

ナンシー・スパンゲン。
セックス・ピストルズのベーシスト、
シド・ヴィシャスの恋人、殺された人。
(シドに?誰に?はっきりしません)
アメリカ人。

彼女はIQが高く、16歳で大学に飛び級。
しかし赤ちゃん時代から相当な癇癪持ちで、
他の子にも大変暴力的。
対人関係では常に問題を抱えていたそう。
いくら優秀でも…、という例でしょう。

成績がイマイチでも、お友達に囲まれて
楽しく遊べる子が一番。
きっとそう。

…と娘のサエナイ通知表をながめて
心を落ち着かせるお母さんな私。


たのしいロンドンゆかいなロンドン

世の中ロンドンで盛り上がってるので、
私もさっそく便乗したいと思います。

ロンドンで会った変な人。
スポーツクラブで「日本の方ですか?」
と50代とおぼしき日本女性。
「そうですよー(^.^)」
「通訳お願いしたいんだけど…、英語わかる?バイト代お支払いするから」
「あ、はい、OKです」
聞けば、クラブ会員の現地人からストーカーもどきに合っているという。
それはいけませんなあと相手を連れてきてもらう。

私「Hello彼女の通訳です」
男性「友達か?じゃあはっきり迷惑だって言ってくれないか」
私「?あの、男性がこう言ってますが?」
女性「困ってるのはこっちよ、シツコイのよ彼」

…話を聞くうち、どうやらオカシイのは女性と判明。
2人はだんだん喧嘩腰に、でもお互い自国の言葉しか話せない。
わたし真ん中で通訳板挟み。

「とにかく!金輪際オレに近づくな!…だそうです」
「私があなたを振ったのよ!…だそうです」

しばらくゆかいな3人組コントを展開した後、
女性の気が済んだらしく場はお開きとなり
男性は憮然として立ち去りました。
私はバイト代いただきました。

後日談はありません。



わたしと明治村

昨日に引き続き、似たような話ですが。(最近某ブログにも書いたしですが)
でもこの件は外せないのでマイブログにも。

明治村が好きすぎて、特に中~高生ぐらいの頃は
頻繁に行く、というか通いました1人で。
当時はまだ立ち入り禁止とかゆるくて、
本棚にある古い本など勝手に出してめくったり出来ました。
 
平日は人気もあまりなく、雨の日はさらにポツポツ。
全身古着で建物の陰へ、そして柱を撫でたりしていると
「今日こそタイムスリップできるかも知れない」
とワクワクしたものです。
いや、狂人ではないんです。
ていうか夢見る少女なんてほぼ狂気と紙一重、とも言えるかな実際。

最近の明治村はいろいろイベント的なことをして、
まあ盛り上がって存続してくれるのは大賛成!
なんですがああいう感じは無くなってしまったかな。
ていうか大人になりましたか私が。

わたしと廃墟

廃墟が好きです。
といってもオカルトファンではありません(怖い話は…好きだけど怖い)。
ただ、その場所の記憶、過去の思い出、みたいな物を感じさせる、
たとえば軍艦島のような。
もっと身近に麻耶観光ホテルのような。

15年ぐらい前まで、伏見に「伏見センタービル」
という古いビルがありました。
おそらく昭和30年代に建てられた物。
駅からすぐの一等地、大通りに面したコの字型、
1階にはふつうに店舗が入っていました。

上は住居なのですが、私が見つけた時※にはほぼ廃墟で、
鍵もあけっぱで中に入れちゃったりしました。
間取りは1~2DK、当時よくある団地の作り。
そしてそこには、黒電話やスピーカー、古雑誌みたいなものが
ひっそりと忘れ去られつつ静かに存在していました。

ちなみにトイレは共同、学校にあるような。
ベランダ部分は各戸つながってる(仕切りがない)。
長屋のイメージで作った集合住宅、かな。

覚王山センタービルというのもあったのですが、
いずれも現存してません。
なんとも不思議な空間でしたねえ。

※不動産屋のチラシ配りのバイト中に偶然見つけました。




好きです鳥肌実

以前、某ブログで「江頭大好き」を公言しましたが、
今日はもう一方、忘れてはならない素敵な芸人さんをご紹介。
彼の名は鳥肌実、演説芸のピン芸人。

立ち位置は右翼、もちろん靖国神社には毎年参拝。
ライブでは時事ネタをいじり、
「逮捕または狙撃」される寸前といった
ヤバいことを延々しゃべり続けます。

うって変って、第2部は歌謡ショー。
さんざんおかしな事をしたあげく、
最後は大体よだれ垂らして脱いで終わります。

CDも持ってますが、「おれーのレイプは手際がいい!」とか
「俺のアヌスはローズピンク」とか言い出すので、
妙齢の娘がいる我が家では現在、しっかりと封印されております。

徹子 is a punk rocker now.  

今日知ったんですが。
世の常識だったらすみませんが。

黒柳徹子ってヴィヴィアン・ウエストウッドが
好きらしいですね!
私は「窓際のトットちゃん」を
当時高蔵寺にあった母の友人宅で読んで、
そりゃあもうトモエ学園に憧れたもんです。

傍若無人とも言える自由さかつ弱い者に優しい、
徹子の存在こそがパンクロック。
という事かも知れません。


NHK連続クイズ ホールドオン!

知っていますか?すごく面白いんです。

ツッコミどころがありすぎて
なんて書こうか迷いますが、
一言で表すと「デビッド・リンチ」または「ティム・バートン」の世界。

セットの雰囲気、問題のチョイス、回答者たち。
それぞれが少しずつズレていて、
ちょっとした悪夢のようなパラレルワールド感が出ています。

私はネットっ子なのでテレビほとんど見ないんですが、
これだけは毎日録画して必ず見ています。

プロフィール

とみー

Author:とみー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。